協会歴

クンテェープクリーター協会は1969年6月1日にゴルフ場を開いた。ホールが18あり、メンバーが1,212人。

ゴルフ場はポンルアトリー(RAdm.)レック・スミットで設計し、及び1994年にルアアーカードエック(Flt Lt)アムヌアイ・タッパランスリーで建設計画を立てた。ポンタムルアエック(POL.GEN.)パオ・サーラシンが協会長になっている時代に大改善し、アメリカ建築家のジェーム・ローバード・ウォーンに建造の管理または設計を任せ、ベンダーはラダータナシン株式会社で、全ての18ホールをメンバー及びゴルファーが1995年7月1日から全ての18ホールを開いて、メンバーやゴルファーがゴルフやることができた。

クンテェープクリーター協会の2001年の規則に従い、メンバーは通常メンバー及び特別メンバーが2種類あること。

通常メンバーとはタイ国籍及び成年者で、資格は規則の通ったと判断した上で、メンバーになると承認された者である。メンバーが亡くなった場合、メンバー権はメンバーの後裔まで遺産になり、通常メンバーは自分のメンバー権を、この協会のメンバーになれる資格があり、及び委員会が納得した他者に譲渡することができる。

特別メンバーとは法律に従う配偶者である。この協会のメンバーから生まれた嫡子、通常メンバーのご家内、またはご主人、及び10歳以上の二人のご嫡子が特別メンバーになることができる。メンバーのお客さんとは通常メンバーがメンバーではない人で、メンバーのお客さんとして、この協会のサービスを使用することができるが、委員会が規定された条件、場所や時間などの通りに使用すること。

メンバーのお客さん(他のスポーツ)とはクンテェープクリーター協会の規則、第3章、19事項に従い、通常メンバーのお客さんである。時々、通常メンバーがいなくても通常メンバーのお客さんが協会の他のスポーツのサービスを使用できる。そして、その通常メンバーのお客さんは協会が規定された維持費を支払うこと、及び協会が他のスポーツのゲストとして承認された者のみ。