クンテープ クリーター協会の規則

カテゴリー6 運営委員会

  • 第42条 運営委員会はこの規則と目的の通りに協会の事業を経営すること。
  • 第43条 会長に当選可能な人は5年間以上正会員になる、運営委員会に当選可能な人は2年間以上正会員になる必要。
  • 第44条. 第33「4」条の通りに当選した会長は正会員を20名補する。こういう、副会長2名、秘書1名、会計係員1名、歓迎者係員1名、屋外スポーツ委員1名、試合委員1名、屋内スポーツ委員1名、屋内スポーツ委員1名、土地、富係員1名、法律、規則係員1名、受付係員1名、メンバー係員1名、渉外係員1名、中央委員会7名以内すべては運営委員会です
  • 第45条 運営委員は2年間以内働けます。終結した際は運営委員会働き続けます。大会議から15日間以内 古運営委員会は新運営委員会に仕事を譲り渡しなければなりません。会長と運営委員会は2回だけ在職できます。規則の2節の通りに会長に選んだ運営委員を強制しません。
  • 第46条、期限の前に運営委員の位が空く場合はその位に正会員を補します。
  • 第47条、会長は評議員に正会員を招待できますが30名以内で、評議員は招待した会長の任期以内取れます。
  • 第48条、運営委員会は月に1回普通的な会議すること。
  • 第49条、 運営委員会5人以上は普通会議以外を行うこと秘書に書面で告知できます。
  • 第50条、運営委員会議会は運営委員が一半に参加しないと、定足数です。
  • 第51条、場合によって議長に会長や副会長を選ぶ、会長や副会長が欠席だったら、運営委員わりに選びます。
  • 第52条、会議に決議するのは公にすること、以外にこの規則は規定したや運営委員は秘中決議するのを差し出す。
  • 第53条、この規則以外はほかの事があったら、絶対多数にもとついて、点が同じだったら、議長は決議しなければなりません。
  • 第54条. 各会議の際秘書は裏付けのため詳しいレーポットを書かなければなりません。運営委員会が署名した後、コピーして掲示板に張っておきます。「公にできないこと以外」
  • 第55条. 運営委員会の責任の傘下は様々活動を行うために運営委員会がどのような人を招待できます。
  • 第56条. 運営委員会は責任や職員の給料を運営することや容れる起用、退かす、解任などです。
  • 第57条、運営委員会は公益のため、協会企業金を払うことを承認できます。特例の場合は1の4の協会がある残金を払わないと大会議から裁可しなければなりません。
  • 第58条. この規則以外運営委員会は各タイプのメンバー数を制限できます。
  • 第59条、期限の前に会計監査者が空くだったら、運営委員会は正会員を招待できます。しかし、今回の大会議に生命しなければなりません。
  • 第60条. 運営委員会は協会に借財を払うことを要求できます。
  • 第61条. 運営委員会は規則やルールなどを決めます。10日間以上掲示した後、メンバーに運用できます。
  • 第62条。この規則以外運営委員会どのようなことを決定したのは結論です。
  • 第63条. 運営委員会はこの規則を認定するの毅然威力を持って、認定するの運営委員会は終わって、全員に運用できます
  • 第64条. 運営委員会は協会金を銀行、金融機関など に預けることができ、決めたことは運営委員は二人名が署名しなければなりません。
  • 第65条、協会の領収書は会計係員の署名と金受取人があったら、完壁です
  • 第66条、この規則以外、運営委員は運営委員会が決めたるルールや規則の通りに責任があります。
  • 第67条 会長は協会の職員を指令できます。つまり、会長は協会の中に運営委員や職員に行政権を委任できます。
  • 第68条予算年度と協会金は1月1日から12月31日の各年。
  • 第69条 このような理由から運営委員が終結します。
    (1)    運営委員会が 終結することや、会長が.退職する。
    (2)    死亡
    (3)    辞退
    (4)    メンバー不足
    (5)    首になる
  • 第70条、運営委員会はどの方は3回以上会議を無許可欠席したら、退職になります。